読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高専カンファレンス5周年記念パーティーに参加しました

高専 高専カンファレンス

2013/06/15に開催された高専カンファレンス5周年記念パーティーに参加してきました。

高専カンファレンス5周年おめでとうございます!
運営にご尽力くださった@june29さんと@igaiga555さん本当に有難う御座いました。
そてお疲れ様でした。

私と高専カンファレンスの出会いは、2010/04/24に開催された高専カンファレンス in サレジオ(kosenconf-013salesio)でした。
この時から気づけば3年以上経っているんですね。
いやぁあっという間だなぁ。高専カンファレンスとの出会いはついこの間みたいな気がしますね。
せっかくなので、私にとっての高専カンファレンスを振り返ってみたいと思います。

高専カンファレンスと出会ってから3年、いろいろなことがありました。
私が参加したカンファレンスは、

  1. 高専カンファレンス in サレジオ - 高専カンファレンス Wiki
  2. 高専カンファレンス in 奈良 - 高専カンファレンス Wiki
  3. 高専カンファレンス 2010秋 in 東京 - 高専カンファレンス Wiki
  4. 高専カンファレンス in 京都 - 高専カンファレンス Wiki
  5. 高専カンファレンス in 沼津 - 高専カンファレンス Wiki
  6. 高専カンファレンス in サレジオ2 - 高専カンファレンス Wiki
  7. 高専カンファレンス in 三重 - 高専カンファレンス Wiki
  8. 高専カンファレンス in 仙台 - 高専カンファレンス Wiki
  9. 高専カンファレンス in 長岡 - 高専カンファレンス Wiki
  10. 新春・高専カンファレンス2012 in 東京 - 高専カンファレンス Wiki
  11. 高専カンファレンス in 東京 - 高専カンファレンス Wiki
  12. NSEG勉強会 feat. 高専カンファレンス - 高専カンファレンス Wiki
  13. 高専カンファレンス in 沼津2 - 高専カンファレンス Wiki

割とちょくちょく参加していますねぇ。

2010年は母校である沼津高専での開催を目指して各地の開催に顔を出しては、
実行委員をやっていた人にお話を聴くなんてことをしていました。
そして2010年の年末には、念願だった母校での高専カンファレンス開催にこぎつけることができました。
高専カンファレンスの開催にあたって、多大なるご協力を頂いた沼津高専制御情報工学科の鈴木先生には
感謝してもしきれません。
私が学生の時からお世話になっていた教官の方で、高専カンファレンスのことをご相談させていただいた時も、
ご理解と多くのご助言を頂き大変感謝しております。ありがとうございました。
参加者として、各地よりアクセスの良くない沼津まで足を運んで頂いた方にも大変感謝しております。
沼津での開催が成功し、次につながったのは、ひとえに参加してくださった皆様と、
運営のために尽力した若いスタッフたちのおかげです。
改めて御礼申し上げます。

2011年は募金活動をやったり、仙台や長岡などの東北方面に遠征したりしていました。
やっぱりこの年は3.11のことを思い出さずにいられません。
遠く離れた東京にいた私でさえ、命の危険を感じるような地震を体感しました。
被災地の方々の恐怖は、私が感じたものよりもずっとずっと大きなものだったでしょう。
いろいろな苦しみや悲しみに負けずに、高専カンファレンスを開催した各地の実行委員の芯の強さには感服します。
また、多くの方に募金にご協力頂き、大変有り難うございました。

2012年は東京開催のスタッフに混ぜていただき、多くのことを学ばせて頂いた年でした。
あまり外部に向けた活動はしていなかったのですが、NSEGではmrubyネタでお話をさせて頂きました。
長野ではお酒を飲み過ぎて潰れたのが悔やまれます。

2013年には沼津高専での開催2回目となるカンファレンスが開催されました。
運営にはほとんどノータッチで、学生が自分で考え、自分で運営した会でした。
2010年に撒いた種が芽を吹き、顔を出し始めたことを感じました。
沼津の後輩たちのこれからの活躍に期待しています。


高専カンファレンスと出会ってから3年間、いろいろなことがありましたが、
その高専カンファレンスとの出会いで、今でも強く印象に残っていることがあります。
それは、1回めの「高専カンファレンス in サレジオ」の前夜でした。
最近はあまり見かけなくなった気がしますが、当時は前夜祭ラジオなるイベントが開催されており、
その場で当時運営側にいたid:june29に沼津での開催をしたい旨をお話した時でした。
彼は私に、それは素晴らしいことで、是非カンファレンスに参加して当日話をしたいと言ってくれたのでした。
それまでカンファレンスに参加したことすらない人間が、いとも簡単に受け入れられた、そんな瞬間でした。
今でも高専カンファレンスと、そこに参加する多くの人は、新しい参加者を受け入れる準備があります。
いつだって、どこだって、参加したいと少しでも思ったのなら、是非会場までお越しください。
開催してみたいと思ったのなら、是非開催してください。
もしご希望と荒れば、私を始め、いい年をした大人もお手伝いさせて頂きます。


こうして振り返ってみるといろいろと思い出すことはあるのだけれど、文字にするととてもとても多くて、
とりとめのない言葉ばかりになってしまいそうなので、このあたりで良しとしておこうと思います。
今後は若い人のサポートに尽力できたら良いななんて思っています。
まぁ実際どうするかはその場になってみないと判らないものではありますが。


出会ってからの3年間、たくさんの思い出と、刺激的な出会いに巡りあわせてくれた高専カンファレンス、ありがとう!
そしてこれからも宜しくお願いします。