読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新春・高専カンファレンス 2012 in 東京 おわり

本記事は2012/01/15に行われた新春・高専カンファレンス 2012 in 東京に関する記事です。

ブログに書くまでがry

 

はじまりのはじまり


 2011年の7月だったかな。8月だったかも?あんまりはっきり覚えていない。

覚えているのは、かわいい後輩ちゃんと邪悪などら◯もんの人と一緒に麻婆豆腐を食べていたってこと。

後輩ちゃんがインターンで東京に来てるのに託けて遊びにいった帰り、

邪悪などら◯もんの人と、いつもの連中が秋葉原にいるから行って飲もうぜ!というノリで秋葉原に行ったのがすべてのはじまりでした。

 

はじまり


はじめて産技高専の会議室でスタッフミーティングをした日。

一番印象に残ったのは、まっく君(id:mactkg)。三鷹プログラマーズカフェで見かけて以来だからたぶん2年くらい経ってからの再会。

たぶん本人はあんまり覚えてないだろうけども。

で、なんかあれよあれよとそのまっく君たちのチームに加わることに。

コミュニケーションデザインだってよ!当日スタッフなんとかしてってよ!さてどうしたもんか。

そんなこんなでとりあえず走りだした高専カンファレンス

このまま一気に年末まで突っ走ります。

DSC_0631

 

はじまった - 前夜祭


せっかくだし前夜祭やろうぜーっていう話をしたら成り行きで幹事に・・・。

言いだしっぺの法則怖い・・・。

DSC_2620

 いつものお店でいつものようにみんなでわいわい!

飲む人は飲んで、喋る人は喋って、みんなで楽しく前夜祭!

みんなもチャーハン食べにおいで!

ちなみにこのとき集まったのは20人以上。

お店の定員超えてしまって、急遽席を増設して対応して頂きました。

幸せのはしのマスターいつもありがとう!

DSC_2720

 

当日スタッフ


朝の集合時間が早いのがいやー大変。

普段は朝が遅いのもあって尚更きつい。まぁでもがんばりましょう。

1日目は、人の配置どうしようかなーとか考えながら、受付設営を眺めたりして朝の時間を過ごしてました。

2日目はレッドブル飲んでましたねHAHAHA!

DSC_3839

DSC_2753

 

そんなこんなで当日スタッフの集合時間に。

ここからが私のお仕事の時間ということで。

当日スタッフの顔合わせ挨拶にはじまって、仕事の割り振りなどなど。

でも実はその辺はjune29(id:june29)が不甲斐ない私の代わりにバシバシっとやってくれました。

さすがのじゅーんさんやなぁと思ったのでした。

でも一個だけ、今だから言えることを。

june29:「当日スタッフはチームにならなきゃだめだよ」

この真意は「ただ割り当てられた作業をするだけの人になったらスタッフやってる楽しさわからないよ」なんだと思います。

あぐりーあぐりー超あぐりー。作業するだけとかつまらないよね!楽しいことしたい!

なんだけど、「当日スタッフの枠を超えてスタッフになって欲しい」のが私の希望。

ほら、今年こうやって顔あわせて、名前は忘れちゃったかもしれないけれど、

またここに来れば誰か知ってる人がいるじゃないですか。

そしたら来年スタッフやります!ってすぐに言えるよね。

 

 発表中


ひたすら写真撮ってました。

写真取るのに夢中で発表の内容聞き漏らしてるのが多かった・・・。

撮った写真はFlickrにUpしてあるので、ご自由にご覧ください。

 

新春・高専カンファレンス 2012 in 東京 - 1日目

新春・高専カンファレンス 2012 in 東京 - 2日目

 

こんな写真とか載ってます。

DSC_4321

 

当日スタッフのみなさんへ


当日スタッフに名乗りを挙げてくれたみなさん。

本当にありがとうございました。

交通案内をしてくれたスタッフには、本当に寒い中長時間外に立たせてしまいました。

せめて寒さをしのげるような格好をしてくるように事前にアナウンスしておくべきだったなぁと反省しています。

受付をしてくれたスタッフにも、寒い廊下で長時間の待機をお願いしてしまいました。

もう少し何かケアできるように考えていく必要があるなぁと思っています。

これを機に、当日じゃないスタッフになって頂ける人が増えると嬉しいなぁと思います。

今後とも高専カンファレンスを宜しくお願い致します!

 

スタッフのみなさんへ


本当にお疲れ様でした!

いろいろジタバタした部分もありますが、それなりに得るものがあったのではないかなと勝手に思っています。

 

個人的にはたぶん次回は今年みたいな本スタッフというよりは、別の形で関われたらなぁと思っています。

本業の状況によってリソースに余裕がなくなったりしてしまうのもあるのですが、

もっと若い人や新しい人が飛び込んで来やすいようにしたいなというのがあります。

とはいっても、だからカンファの運営から遠ざかりますという気はあまりなくて、

「だれもが入って来やすい仕組みや形とはどうあるべきか」

みたいなことを見る「場」に行きたいなぁというのが、ここしばらくのカンファを見ていて思うことでした。

実はそういうのもあって、今回のカンファレンスではKCFundsというのをやっていたんですね。

 

KCFunds


KCFundsは「高専カンファレンスに参加したいけど、お金が無くてできない!」っていう学生に対して、

よーしおぢさんたちが一肌ぬいじゃうぞっ☆っていうための枠組みです。

harukasan(id:harukasan)の気持ちに便乗した酒飲みたちが始めました。

枠組みっていう言葉を使ったのは、現時点ではちゃんと組織化や手続きの確立まではできていないからです。

まぁあまりその辺を現時点で一生懸命するつもりは無いので、いつかだれかやりたい人が出てきたらよろしくお願いします。

詳細はこちらの 「KCFunds - 高専カンファレンス遠方参加者支援プログラム」 をご覧ください。

 

金銭が絡むのでなかなか難しいですが、今後も学生の援助ができれば良いなぁと思っています。

KCFundsのみんな、またお酒飲みに行こうね。

 

最後


カンファレンスに参加してくださったみなさん、ありがとうございました。

発表してくださったみなさん、ありがとうございました。

「楽しい」を共有する場である高専カンファレンスは、今後も全国各地で開催されます。

実はわりと直近に東京でもまた開催される予定です。

またどこかでお会いしましょう。

ではでは。

 

 

ふー。これでやっと新春・高専カンファレンス終わった(笑